• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 外壁塗装の劣化サイン

その他の施工実例

外壁塗装の劣化サイン

本日は、外壁塗装をおこなうべき劣化のサイン をお伝えしたいと思います。

定期的なメンテナンスと言っても、外壁がどのような状態になったら塗り替えが必要かわからない方も多いと思います。

そのような方のために、外壁塗装をおこなった方がいい外壁の劣化状況を紹介していきたいと思います。



☆外壁の色あせ

  外壁の色あせは塗膜劣化が始まっている証拠でもあります。外壁が当初より色あせてる場合は、塗り替えを検討した方がいいでしょう。

☆チョーキング

  外壁を触ったときに、白い粉が手についた事がないでしょうか。これは紫外線や直射日光、風雨などが原因となり、塗装の表面が劣化して起こるのもなのです。  

  この事を【チョーキング現象】と言います。

☆塗膜の膨れ・剥離

  外壁の塗膜が膨れていたり、剥がれていたりしませんか?これも外壁塗膜の劣化が原因です。放置しておくことで、外壁内部へ雨水が浸入しひび割れ等を起こすことがあります。

☆クラック(ひび割れ)

  外壁のひび割れの事を「クラック」と言います。放置しておくと、そこから雨水がどんどん侵入しカビなどの原因になり他にも住宅の強度低下の問題になる恐れがあります。

  クラックがある場合には、早急なメンテナンスが必要となります。

☆シーリング材の塗膜剥がれ・割れ

  サイディングボードの繋ぎ目や窓のサッシ回りなど、シーリング部分が劣化し亀裂が生じている事があります。劣化している場合は、「打ち増し」「打ち替え」をおこない、目地部分からの雨水の侵入を防ぐ必要があります。



このように外壁材の劣化は、色々なサインがあります。

住宅に関するお悩みやご相談はぜひ株式会社ORIENS(オリエンス)にお任せ下さい!
ご意見ご質問はDMにてお気軽にご相談ください。



♯千葉県♯鎌ケ谷市♯株式会社ORIENS♯株式会社オリエンス♯塗装♯外壁塗装♯リフォーム♯地域密着♯外壁工事♯屋根工事♯外壁塗膜♯塗膜劣化♯外壁色あせ♯チョーキング♯外壁クラック

施工概要

ご相談・見積もり無料! 現場のプロがご対応致します!!

0120-153-155
営業時間: 9時~18時
定休日: 不定休
メールでのご相談はコチラから
Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.