• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 耐用年数が過ぎたらどうする?

耐用年数が過ぎたらどうする?

メンテナンス工事

ひび割れやチョーキングなどの不具合が生じてきたり、耐用年数が過ぎてしまったら外壁のメンテナンス工事が必要になります。いったいどのような工事をしたら良いのでしょうか。代表的な工事を2つご紹介します。

 

①外壁の塗り替え

外壁についている汚れを高圧洗浄機を用いて除去してから、塗料を塗り替えていきます。

外壁に色あせ・チョーキングなどの比較的軽度な劣化や不具合が見られる場合は、塗り替えを行うことをおすすめします。

 

②外壁材の交換

古い外壁材に新しい外壁を重ねて張ったり、古い外壁材を剥がしてから新しい外壁を張ったりします。外壁にひびが入ってしまったり、一部がはがれてしまったりなど、比較的重度の劣化や不具合が見られる場合は、外壁の塗り替えでは対処できない場合があります。そのときは外壁材の交換を行うことをおすすめします。

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.