塗料の構成成分

塗料の構成成分

塗料は主に4つの成分から成り立っています。具体的に見ていきましょう。

 

①着色顔料

外壁に色をつける役割がある。

 

②合成樹脂

塗料の主成分であり、耐久性を左右する。

 

③添加剤

防腐や防カビなどの様々な機能を兼ねている。

 

④溶剤

以上の成分を溶かし、配合する役割がある。

 

これら4つの成分の中で、塗料の種類を変化させるのは「合成樹脂」です。合成樹脂は塗料を選ぶ上で最重要な成分と言えるのです。

 

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.