• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 今すぐできます!外壁の塗り替え時期セルフチェック

今すぐできます!外壁の塗り替え時期セルフチェック

今すぐできます!外壁の塗り替え時期セルフチェック

マイホームを建ててから早十数年、そろそろ外壁塗装をするべき?とお悩みの方へ。

今回は、簡単にできる外壁の塗り替え時期セルフチェックをご紹介します。

 

■そもそも外壁塗装が必要な理由とは?

【美しさ】

経年劣化によって、どうしても住宅の外壁には色褪せや汚れが付いてしまったり、塗装が剥がれるなどの症状が現れます。定期的に塗り直しをすることで、築年数が経っても新築のように美しい外観を保つことができます。

【耐久性】

外壁はいわば、家をまもる一番外側の洋服部分。破れたり擦り切れていると、内部が外に晒されダメージを負うこともあります。外壁を強くすることで建物そのものの耐久性を保つことができます。

【機能性】

近頃の塗料は耐火性、防汚性などさまざまな機能を持っています。ただし、このような機能も年月が経ち、劣化とともに失われていくため、建物の保護のためにも定期的な外壁塗装は必要でしょう。

 

■セルフチェックしてみよう!塗り替え時期のサイン

【ひび割れ】

外壁に発生する亀裂です。建物の角や、窓の周辺、地面との設置面などに見られる場合が多いです。天気の良い時に、一度ぐるりと家の周りを歩いて確認してみましょう

【シーリングの割れ

タイルや外壁材の継ぎ目、隙間に塗られている樹脂製の材料がシーリングです。年月が経つと、硬化して割れてくることがあります。

チョーキング現象

壁に触ると白い粉が付着することをチョーキング現象です。チョークを触った後のようになるためこのように呼ばれています。外壁が劣化してくると、このチョーキング現象が表れます。再塗装が必要なタイミングと言えます。

膨れ

塗装が剥がれるなどして雨水が侵入し、塗装が浮いてきて膨れたり、放置しておくと剥がれてきてしまうことがあります。

カビ・コケ

日当たりの悪い部分や風通しが悪い場所はカビやコケが発生することがあります。住宅同士が密集している場合にも発生しやすいです。 

色褪せ】

全体的に色褪せているとわかりづらいですが、日当たりの良い部分と日当たりの悪い部分で見比べてみるとわかりやすいでしょう。屋根に近い部分と地面に近い部分でも色味が違うこともあります。

 

いかがでしたでしょうか?この中で一つでも当てはまった場合は、外壁塗装を検討してもよい時期に来ていると考えましょう。放置しておくと、どんどんダメージが進んで修理費用も高額になることも。

外壁塗装は、15年から20年に一度は行いたい定期メンテナンスです。家を長持ちさせるためにも費用のスケジュールも立てておきたいですね。

外壁塗装を行う際に、ぜひ参考にしてみてください!

 

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.