外壁の種類

外壁の種類

外壁の種類としては、代表的な例を4つご紹介します。

 

①窯業系サイディング

現在の住宅市場で最もメジャーに使用されている外壁です。セメントが主な原料で、耐火性に優れています。色や柄の種類も豊富で、デザイン性に優れたものも多いです。

 

②リシン・スタッコ

砂・セメント・水を混ぜ合わせた素材に、リシンやスタッコという凸凹模様の素材を合わせることで、ごつごつとしたデザインの外壁を作り出しています。防水性能が低いため、雨漏りしやすいというデメリットがあります。防水塗料を使用すると良いでしょう。

 

③軽量気泡コンクリート

セメント・生石灰などの原料を凝固させ、高温の中で蒸気をかけて長時間養生することでできた外壁です。気泡があるために防水性能が低く、ひび割れしやすいというデメリットがあります。防水塗料を使用すると良いでしょう。その一方で、耐火性や耐震性には非常に優れています。

 

④金属サイディング

スチール板の裏に断熱材を入れたサイディングのことです。サビが発生しやすいというデメリットがあるため、防サビ性のある塗料を使用すると良いでしょう。その一方で、断熱性や耐凍害性には非常に優れています。

 

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.