• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 外壁のひび割れはなぜ起こる?

外壁のひび割れはなぜ起こる?

ひび割れの原因

そもそもなぜひび割れが起こってしまうのでしょうか?大きな原因としては4つあります。それぞれ見ていきましょう!

 

①経年劣化

外壁塗装は時間が経過するごとに劣化していきます。外壁塗装は10年前後を目安に塗り直しを行うと良いと言われています。前回の塗装からある程度年数が経った状態でひび割れの症状が見られた場合は、経年劣化が原因であると考えられるでしょう。

 

②施工不良

外壁塗装をしてすぐにひび割れの症状があった場合は、外壁塗装時に施工不良があった可能性が考えられます。例えば、下塗りが十分に乾かないうちに中塗りを始めてしまった場合や、下塗りの塗料と中塗りの塗料の相性が悪かった場合に施工不良となり、ひび割れが発生しやすくなります。

 

③振動

車や電車の通過による振動や、地震による振動によって外壁塗装がひび割れてしまう場合もあります。特に道路沿いや線路沿いにお住まいの方は、このような被害に合いやすいかもしれません。

 

④地盤の問題

自宅近くの地盤に弱い箇所があると、その影響で住まいが傾いてしまい、外壁塗装にひび割れが発生しやすくなる場合もあります。

 

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.