チョーキングとは?

チョーキングとは

チョーキングとは、どのような現象のことを言うのでしょうか。

チョーキングとは、外壁に触れた際に白い粉がつく現象のことで、別名「白亜化現象」とも呼ばれます。この白い粉は、雨や紫外線などの刺激によって塗料の成分が分解され、顔料が粉状になって現れたものです。チョーキングは塗膜の劣化が起きているというサインでもあります。放置しておくとひび割れや雨漏りが起きる可能性もあるので、早めに外壁の塗り替えを行うなど対処する必要があります。

 

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.