• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 外壁リフォームの3つの種類とは?費用はどのくらい違うのか

外壁リフォームの3つの種類とは?費用はどのくらい違うのか

外壁リフォームの3つの種類とは?費用はどのくらい違うのか

そろそろ外壁リフォームをしたい、外壁の汚れが気になってきたという方へ。一言に外壁リフォームと言っても実は改修方法は3種類あるのをご存知でしょうか。

今回は、3種類の外壁リフォームの内容や費用相場をご紹介します。ご自宅はどの工事が必要そうか、費用相場はどのくらいか、など、外壁リフォームを検討している方の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

まず一つ目の外壁リフォームは「補修」です。

補修で出来ることは、小さなひび割れや剥がれてしまった部分の補修、目地の修理などです。

補修範囲や内容によっても変わりますが、およそ80万円未満で実施できるでしょう。

例えばシーリング部分の補修ですと、工事代金は総額30万円〜40万円ほどとなります。

 

二つ目の外壁リフォームは「塗装」です。いわゆる外壁塗装ですね。

塗装は、建物を保護するため、美しさを保つために行われます。10〜15年に一度行われるのが一般的です。建物の資産価値を落とさないためにも、定期的にメンテナンスとして行うのが良いでしょう。塗装は建物の大きさ、劣化状態、使う塗料の機能によっても金額は変わります。塗装前に高圧洗浄や、塗料が付着しやすくするための下地処理を行った上で、三度塗りをすることで長持ちする外壁となります。一般的には足場代を含めて100〜150万円ほどの費用がかかります。一戸建てを建てたり購入した場合には、メンテナンス費用の予定をあらかじめ立てておくことがおすすめですよ。

 

三つ目の外壁リフォームは「張り替え・重ね張り」などの外壁の新調です。

まず張り替えは、既存の壁材を撤去し、新しいボードを張る方法です。重ね張りは既存の外壁の上に新しいボードを重ねて張る方法です。張り替えの方が、既存の外壁を撤去するという手間がかかりますので重ね張りよりも費用は必要となります。ただ、重ね張りに比べると、外壁の重さが少ないため、家に負担をかける割合が減るというメリットがあります。価格は150〜300万円ほど必要です。



築年数が浅くても劣化具合によっては、塗装をした方が良いケースもあれば、こまめなメンテナンスによって築年数の割には、外壁が長持ちするというケースもあります。また、海の近くで塩害の影響があったり、一部分だけ湿気によってカビが何度も発生するなど、建物の立地や状況で必要な工事は変わってきます。素人では判断が難しいことも多いので、不安な方は外壁専門業者に相談をしてみることをおすすめします。





いかがでしたでしょうか?外壁塗装・リフォームを検討されている方はぜひ参考にしてみてください!

 

ご意見・お見積りはお電話でもDMでも!お気軽にご連絡下さい!

 

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.