• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 長持ちする外壁材って?一番人気なのは・・?

長持ちする外壁材って?一番人気なのは・・?

長持ちする外壁材って?一番人気なのは・・?

今回は「長持ちする外壁材」をご紹介します!「これから家を建てるから長持ちする外壁が知りたい」という方はもちろん、「外壁の張り替えを検討している・・」という方にもお役に立てると嬉しいです。

■一番人気!窯業(ようぎょう)系サイディング
日本で一番選ばれているのがこの「窯業系サイディング」。
メンテナンス期間は7〜8年と短めですが性能とコストパフォーマンスのバランスの良さが人気です。
色や柄が豊富なため、お好みに合わせて選びやすいこと、施工も比較的容易なことも人気につながっています。サイディングは継ぎ目があるため、継ぎ目に利用するコーキング材の劣化が早いのが注意点と言えるでしょう。

■断熱性が高い!金属系サイディング
メンテナンス期間は10〜15年と耐久性の高さが特徴です。
一貫した製造ラインで工場生産されますので仕上がりが均一。ひび割れや凍結の心配もありません。
こちらも窯業系サイディング同様にコーキングの劣化などの症状が出たらメンテナンス時期といえます。

■デザイン性ばっちり!モルタル
外壁材の中では最も価格が安く、デザインの自由度も高いのがモルタルです。
その分、メンテナンス期間は短く、10年ほどで手入れが必要です。
素材の特徴上、ひび割れが起こりやすいため、ひび割れがみられたらメンテナンスを検討したいですね。

■軽くて強い!ALCパネル
水に浮くほど軽いと言われるALC。
そのため建物への負担が非常に少ないのが特徴です。
また断熱性や耐火性にも優れています。メンテナンス期間は10〜15年となっています。

■高い耐久力!タイル
経年による劣化や変質が起こりづらく、メンテナンスの手間がかからない外壁材です。
ほとんど吸水しないため、汚れにくく、雨水の影響を受けにくい素材です。
気になるメンテナンス期間はは驚きの20〜30年です。


いかがでしたでしょうか?
ここで紹介したメンテナンス期間は、あくまで目安となっており、外壁を長持ちさせるためには定期的な点検は欠かせません。素材によってメンテナンス期間の長短はありますが、メンテナンスをしなくても良いという外壁材はないということは知っておいてくださいね。建物を風や雨、埃などから守ってくれている外壁は知らず知らずに劣化していきます。例えばタイルは非常に耐久性の高いのが特徴ですが、タイル自体のダメージは少なくてもタイルを繋ぐ目地などはどうしても痛んでしまいます。


ご意見・お見積りはお電話でもDMでも!お気軽にご連絡下さい!
 
Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.