• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 塗装の目的は見た目だけじゃない!外壁塗装の主な役割を解説

塗装の目的は見た目だけじゃない!外壁塗装の主な役割を解説

塗装の目的は見た目だけじゃない!外壁塗装の主な役割を解説

業者や営業さんに外壁を塗り替えたほうが良いと言われても、
見ただけでは劣化がわかりにくく、「まだ良いか」と先延ばしにしていませんか?

外壁塗装は見た目を綺麗にするためのものだと思いがちですが、
実はそれが主な理由ではないのです。

今回は先延ばしにしがちな塗り替えの役割を知って家をきれいに長く保てるよう、
外壁塗装の役割と塗り替え時期について解説します。

 

株式会社ORIENSでは千葉県鎌ヶ谷市を中心に、
屋根塗装、外壁塗装、修繕・リフォーム、トイレの設置まで幅広く行っています。

株式会社ORIENSなら!

☆施工実績累計500件以上
☆地域の皆様に愛される会社
☆自社集客に広告費がかからないため施工費用が抑えられる

 お見積もり・ご相談は無料です♪ お気軽にお問い合わせください!

 

外壁塗装の目的と役割

外壁塗装は、実は見た目だけでなく、「保護」の役割が大きいです。

外壁は常に紫外線や雨風にさらされるため年月が経てば劣化してしまいます。
そこで、外壁自体の劣化を最小限に抑えるために、外壁に塗料を塗り、膜を作ります(塗膜)。
この塗膜が、紫外線や雨風から外壁を守り、結果的にお家を保護してくれているのです。

しかし、そんな塗膜も劣化します。
何年も塗り替えをしないままにしておくと、塗膜がなくなり、
雨漏りがしたり、柱が腐ってしまったりと家自体の劣化に繋がってしまいます。
そうなってしまうと、修理やリフォームに大きな費用がかかってしまうことが考えられますよね!

 

外壁塗装で塗膜を定期的に行い、お家の劣化を予防することで、
修理費等の大きな費用がかかってしまうことを防いでいるのです!

 

適切な塗り替え時期はいつ?

塗膜は劣化してくると、だんだんツヤがなくなり、くすんだ色に変色し、
時には触ると白い粉がつくこともあります(チョーキング現象)。

他にも、苔が生えてしまったりと防水効果がなくなっていることが目で見てわかるようになってしまいます。
そうなると、紫外線や雨風から家自体を守りにくくなっている状態なため、
家自体の劣化に繋がっていきます。

そのようなことを防ぐために外壁の塗り替えが必要なのです!
外壁の塗り替えは、新築時に使用されている塗料は5〜7年程度で塗り替えるのがベストです。

一度塗り替えてからも、10年に1度は塗り替えたほうが良いでしょう。

 

今すぐできます!外壁の塗り替え時期セルフチェックはこちらから!

こまめなメンテナンスでお家を長持ちさせよう!

いかがでしたでしょうか。

せっかく建てた家を長くきれいに使うためにもこまめなメンテナンスは必要です。

新築または、前回塗り替えた時から5年以上経っている場合は、
ご自宅の外壁の状態を確かめ、点検等を業者に依頼し、塗り替えの検討をおすすめします。

また、素材によってメンテナンス期間の長短はありますが、
メンテナンスをしなくても良いという外壁材はないということは知っておいてくださいね。

 

「長持ちする外壁材って?一番人気なのは?」はこちらから!

 

株式会社ORIENSでは千葉県鎌ヶ谷市を中心に、

屋根塗装、外壁塗装、修繕・リフォーム、トイレの設置まで幅広く行っています。

株式会社ORIENSなら!

☆施工実績累計500件以上

☆地域の皆様に愛される会社

☆自社集客に広告費がかからないため施工費用が抑えられる

 お見積もり・ご相談は無料です♪ お気軽にお問い合わせください! 

 

弊社のサービスへのお問い合わせはこちらから!

 

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.