• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 知っておいて欲しい!?コーキングをする目的について解説します。

知っておいて欲しい!?コーキングをする目的について解説します。

知らないと損する!?コーキングをする目的について解説します。

外壁塗装工事を行う際、忘れてはいけないのがコーキング(シーリング)です。

完成時にわかりづらい部分ではありますが、とても大切な部分です。
塗料や費用については目に見えやすい分、​確認しやすいですが、
シーリングについての検討が甘いと、悪徳業者に騙されてしまう可能性もあります。

今回は、コーキングについて知識を深められるよう、
その目的と費用の相場について解説します。

 

株式会社ORIENSでは千葉県鎌ヶ谷市を中心に、

屋根塗装、外壁塗装、修繕・リフォーム、トイレの設置まで幅広く行っています。

株式会社ORIENSなら!

☆施工実績累計500件以上
☆地域の皆様に愛される会社

☆自社集客に広告費がかからないため施工費用が抑えられる

お見積もり・ご相談は無料です♪ お気軽にお問い合わせください!

そもそもコーキングとは?

コーキング(シーリング)について、そもそも耳馴染みがない方も多いでしょう。

コーキングとは、外壁のひび割れや隙間、窓枠等の縁に、
コーキング材という液体を流し込み、ひび割れや隙間を補修するものです。

コーキング材は、シリコンやポリウレタンなどからできている樹脂製品のことで、
隙間に流し込むことで、水や空気を通さず密閉状態にすることができます。

よく、窓枠やお風呂場のタイルの隙間で埋まっているのをよく見かける、
ゴムのような、白く柔らかいものです。

建物は目で見てわからないくらいではありますが、時間経過によって微妙に歪みます。

しかしコーキング材は柔らかいので、
歪んでしまった場合でも材料のひび割れや隙間ができるのを防いでくれるため、大切な部分になります。

費用の相場について

コーキングは、2種類の工事方法があり、
1つは、古いコーキング材の上から新しいコーキング材を重ねる
「コーキング打ち増し工事」、2つ目は古いコーキング材を取り除き、
新しいコーキング材を注入する「コーキング打ち替え工事」です。

それぞれ費用も特徴も異なりますので、解説していきます。

コーキング打ち増し工事

コーキング打ち増し工事は、打ち替え工事と比べてコーキングの量も少ないため、
短期的に見ると費用は抑えられますが、経年劣化しているコーキング材の上に新たな

コーキング材を注入するため、劣化は早くなってしまうでしょう。
相場としては、1mあたり、500〜900円程度となっています。

コーキング打ち替え工事

コーキング打ち替え工事は、経年劣化したコーキング材を全て取り除き、
新たにコーキング材を注入するため、コーキング材を取り除く手間と、
コーキング材をたくさん使うため、打ち増し工事と比べると割高になります。

しかし、劣化部分が取り除かれるため、新品と同様の寿命となるでしょう。

相場としては、1mあたり、700〜1,200円程度となっています。

また、コーキングは線状に埋めていくものですので、
数量の単位はm(メートル)となります。

外壁塗装は、塗装する面積になりますので平方メートルで表しますので、
混乱しないようにしましょう。

コーキングの寿命はどのくらい?

コーキングは常に膨張と収縮をしているため、
他と比べると5年〜10年と劣化は早くなっています。

ご自宅のコーキングが剥がれていたり、少なくなっていたり、
ひび割れがあったら、
寿命を迎えているサインです。

他の材料の劣化を防ぐためにも、早めに打ち替えることを検討しましょう。

コーキングは外壁塗装にとって、切っても切り離せない工事

いかがでしたでしょうか。

コーキングは外壁塗装にとって、切っても切り離せない工事になります。

よく見ないと目につかない部分なので、定期的に劣化していないか確認し、
お家を長持ちさせましょう。

 

株式会社ORIENSでは千葉県鎌ヶ谷市を中心に、
屋根塗装、外壁塗装、修繕・リフォーム、トイレの設置まで幅広く行っています。

株式会社ORIENSなら!

☆施工実績累計500件以上
☆地域の皆様に愛される会社
☆自社集客に広告費がかからないため施工費用が抑えられる

 お見積もり・ご相談は無料です♪ お気軽にお問い合わせください! 

弊社のサービスへのお問い合わせはこちらから!

 

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.