• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 外壁塗装は必要ない?放置すると起こるトラブルと塗装不要な壁の特徴

外壁塗装は必要ない?放置すると起こるトラブルと塗装不要な壁の特徴

外壁塗装は必要ない?外壁を放置すると起こるトラブルと塗装不要な壁の特徴をご紹介

外壁塗装って本当に必要なの?
そう思う方もいらっしゃると思います。

実は、そう思い込んでしまい外壁塗装は放置しすぎると大変なことに・・・

今回は、外壁塗装の必要性がない、あるいは少ない壁の特徴と、
放置しすぎると次々と起こるトラブルをご紹介します。

 

株式会社ORIENSでは千葉県鎌ヶ谷市を中心に、

屋根塗装、外壁塗装、修繕・リフォーム、トイレの設置まで幅広く行っています。

株式会社ORIENSなら!

☆施工実績累計500件以上
☆地域の皆様に愛される会社
☆自社集客に広告費がかからないため施工費用が抑えられる

 お見積もり・ご相談は無料です♪ お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装の必要がない壁の特徴とは?

外壁塗装の必要性が低い壁は、外壁の材質自体が塗装を必要としない場合と、
塗装が劣化していない場合の2パターンあります。

①外壁の素材自体が塗装を必要としない場合

②塗装が劣化していない場合

以下、この2パターンについて解説します。

①外壁の材質自体が塗装を必要としない場合

外壁がタイルやレンガという場合、その素材自体に30年〜50年以上という
長い耐久年数があるため、どちらも外壁塗装をしてしまうと、
逆に見栄えが悪くなったり、メンテナンスの手間や費用が余計に
かかってしまったりします。

そのため、タイルやレンガの場合は外壁塗装の必要性がないのです。

②塗装が劣化していない場合

基本的にタイルやレンガ以外の素材の場合は、外壁塗装が必要となりますが、
新築や、前回塗り替えてから時間が経っていない場合は、外壁塗装は必要ないと言えるでしょう。

例えば、外壁の素材がモルタルやサイディングの場合は「ハガレ」や「色褪せ」がなければ
外壁塗装の寿命は5〜10年と言われています。

塩害や台風が多い地域の場合は、特に劣化しやすいため目安として8年経過していないか
確認するようにしましょう。

ただし、サイディングはその中でも木質系サイディングが特に劣化しやすいため、
10年経過していなくても塗装が必要となります。

また、外壁に「シーリング」という素材がが使われている場合は、
8〜10年程度で劣化してくるため、補修する必要があります。

 

外壁塗装を放置すると起こるトラブルとは?

外壁の見栄えが悪くなる

紫外線カット、断熱など様々な効果がある外壁塗装ですが、
一番に目に見えてわかるトラブルといえば、苔やカビです。

外壁塗装は苔やカビも予防してくれています。

それがなくなることで、外壁に苔やカビが発生してしまい、
見栄えが悪くなってきます。

また、苔やカビは悪臭を放つものもあるため、
臭いでご近所とのトラブルとなってしまうこともあるでしょう。

室内の温度を保てなくなる

外壁塗装の剥がれを放置すると、ひび割れからの隙間風で温度調節ができなくなり、
暖房や冷房を使用していても冬は寒く、夏は暑いといったように温度調節が
できなくなってしまいます。

また、そのひび割れからは隙間風だけでなく雨も入り、雨漏りを起こしてしまうでしょう。

外壁の補修費用が増える

外壁塗装を怠ると、雨漏りや、紫外線で建物外部だけでなく、
内部までも劣化しやすくなっていきます。

外壁塗装の費用のみでよかった補修費用が、外壁材から交換しなくてはならなくなり、
結果、費用が増えてしまいます。

また、それだけでなく、雨漏りや紫外線で建物内部まで劣化が進んでしまっている場合だと、
建て替えが必要になってきてしまう場合もあるので注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。

外壁塗装が必要な時期を見極めて、定期的に塗り直しをすることで、
家を長く保てるようになります。

外壁を放置しすぎてトラブルとなる前に、
外壁塗装で、外壁の補修をするようにしましょう!

 

株式会社ORIENSでは千葉県鎌ヶ谷市を中心に、
屋根塗装、外壁塗装、修繕・リフォーム、トイレの設置まで幅広く行っています。

株式会社ORIENSなら!

☆施工実績累計500件以上
☆地域の皆様に愛される会社
☆自社集客に広告費がかからないため施工費用が抑えられる

 お見積もり・ご相談は無料です♪ お気軽にお問い合わせください! 

 

弊社のサービスへのお問い合わせはこちらから!

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.