• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 梅雨に外壁塗装を行うメリット・デメリット

梅雨に外壁塗装を行うメリット・デメリット

梅雨に外壁塗装を行うメリット・デメリット

梅雨に外壁塗装を行うメリットについて2つご紹介します。

 

①予約が取りやすい

繁忙期でないため、何より予約を取りやすいというのがメリットです。工事が落ち着いていることで、業者の方も依頼のあったお客様に丁寧に対応することができます。業者の方と話し合いながら慎重にプランを立てたい!という方にはうってつけかもしれません。

 

②割安で施工できる場合もある

梅雨はオフシーズンであるため、業者が顧客獲得のために割引キャンペーンを行っている場合があります。もしそのような機会を逃さずに利用できたら、通常よりも割安で施工してもらえることもあります!

 

 

梅雨に外壁塗装を行うデメリットについてご紹介します。

デメリットとしては、工期が長くなる恐れがあることが挙げられます。雨の日は外壁塗装を行うことができないため、晴れか曇りの日に作業を進めることになります。雨の多い梅雨だと、比較的作業を行うことのできない日が多くなるため、他のシーズンと比べて予定通りに施工が終わらない可能性が高くなってしまいます。

 

しかし、主なデメリットとしてはこの1つだけです。外壁の状態を見つつ、もし早急に施工が必要である場合には、梅雨に塗装を行うというのも1つの手なのではないでしょうか。

 

 

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.