• TOPページ
  • >>
  • その他
  • >>
  • 外壁塗装で起こりうる失敗例

外壁塗装で起こりうる失敗例

外壁塗装で起こりうる失敗例

外壁塗装工事で起こりうる失敗について、いくつか具体的な例を挙げて見ていきましょう!

 

①色ムラになっていた

塗装終了後、外壁を見てみたら明らかに色ムラになっていた…なんてことが起こったら、とてもショックですよね。塗装は人の手によって行われるものなので、光が強く当たっていることによってムラがあるように見える、というような軽度のムラであればしょうがないかもしれません。しかし、どの角度から見ても明らかに色ムラになっているようなら、それは紛れもなく「失敗」と言えるでしょう。

 

②思っていた仕上がりにならなかった

想像と違う仕上がりになってしまったというのも、比較的起こりやすい失敗の1つです。色見本で見ている限りはとっても良い色だったのに、いざ塗装してみるとなんか違う…なんてことも、起こりうるかもしれません。

 

③騒音で近隣住民とトラブルになった

外壁塗装工事では、足場の設置や洗浄を行う際に大きな音が発生してしまう場合があります。この音によって、近隣住民の方から苦情を言われてしまうということも、起こりうるかもしれません。

 

Copyright(c) 2022 株式会社ORIENS(オリエンス) All Rights Reserved.